ビジネス教育訓練所

管理者教育、社員教育 お気軽にお問合せ下さい。

特訓合宿特訓合宿

実践合宿実践合宿

出張研修出張研修

講師一覧講師一覧

良くある質問良くある質問

会社概要会社概要

お申込みお申込み

ビジネス教育訓練所 社長コラム

第3回 あおり運転

お盆休み中、衝撃的な映像がニュースで流れてきました。常磐道で車が停車し(させられ)前の車の助手席から女性が降りてきて携帯で撮影される。ほどなく前の車の運転席から降りてきた男性が罵声と共に殴る、殴る。被害者のドライブレコーダーが記録していたと思われる動画が、日本中を駆け巡りました。「これがあおり運転か。」想像以上に激しくさぞかし被害者の方(同乗者も含め)は怖かったのではないかと思います。メディアの露出が増えるにつれ、ネットニュースでは被害者への同情コメントから、加害者への怒りのコメントが多数見られるようになりました。加害者が捕まると怒りのコメントも収集が付かなくなるほどでした。加害者たちの異常性を強調するようなメディアの「あおり」報道も多くありましたが、もし、自分が被害者だったらどう対応するのが正解だったのか。加害者にならないように気を付けるべきことは何か。ドライブレコーダーの有用性等今回の事件から学ぶことは沢山あったと思います。交通事故は被害者も加害者もどちらも大きなダメージを受けてしまいます。事故が起きる前に、心も体もケアして常に安全運転を心がけたいですね。

第2回 参議院議員選挙

先月、参議院議員選挙がありましたね。私は期日前投票をしましたが、総務省発表の投票率(選挙区選)は48,80%で前回2016年参院選の54,70%を5,90ポイント下回ったとのこと。特に若い年代の投票率が低いようです.ここ最近はずっと低迷していますね。若い世代が選挙に行かない理由としては、以前20代の方達にヒアリングしたところ、選挙より自分の予定を優先したい(選挙のことを忘れる)、自分が投票しても何も変わらない、そもそも誰に投票したら良いか分からない、投票の仕方が分からない・・・だそうです。確かに私も学生時代は自分一人が投票しても何も変わらないんじゃないか?そう思っていました。しかし、たかが一票。されど一票。当たり前のことですが一人一人の一票が民意として政治に反映されることを年齢を重ねるとともに実感しています。
今回の参議院選で印象的だったのが、与野党ともにSNS等のインターネットを上手に活用し選挙活動していた候補者が当選したことです。時代の変化とともに、選挙活動の在り方も変わってきているなと肌で感じました。特に若い世代のネットでの反応(書き込みや演説の集客)は早く、今後の可能性を広く感じさせられました。政治家の方たちの政治活動の配信が若い世代に上手く広がり、政治がもっと身近になれば、投票率も上がってくるのではないでしょうか。日本では政治の話は嫌厭されがちですが、自分の国の将来のことですから、他国のように自然に、政治について語れるようになればいいなと思わせる選挙の結果でした。

第1回 掃除の重要性

社内や店内の掃除を徹底して行っているお客様がいらっしゃいます。いつも訪問するたびに掃除が行き届いているのが分かりとても清々しいのです。聞けば、社長自らも率先して掃除を行っているとのこと。私も社長になり、皆が気持ちよく働けるようにできることから始めようと朝、念入りに社内の各所を掃除し始めました。そうすると、掃除、奥が深いのです。例えば玄関先の傘入れに入っている骨が折れている傘や埃の被った傘。いつも誰かが掃除をしてくれている箇所でも目線を変えると埃が・・・。ちょっとお姑さんのような気持ちで、これは何の為にここに置かれている?ここはいつも誰が掃除している?掃除にも性格が出ることを知りました。また、場をきれいにするにも「気づき」「必要か、適切な場所かどうか考え」「行動する(捨てる、場所を変える等)」「視点を変える」ことが必要なことも分かりました。掃除をすると、心も磨かれる。掃除をすることで現状の社内の問題点に色々と気づくことができ、社内で共有をしています。改めて掃除の重要性を感じ、気づかせてくれたお客様に感謝しています。